Spring Valley Farms

HP-2

 

欧米版、洋風本格お漬物、『ピクルス』!
ビネガー、塩、砂糖、スパイスをブレンドし、それに様々なお好みの野菜を漬けこみます。作り方や分量はそれぞれのご家庭で、といったところですが、日本の漬物とは一味違う『オーソドックスなピクルス』を、このピクルスメイカー(ピクルス用調味料)で漬けこんでみましょう。

今回このピクルスメイカーとして、3つのフレーバーを新商品で日本に初輸入!マスタードシードやコリアンダー、ターメリック、ディルシードなどをはじめ、なかなか家庭では常備しないスパイスを一袋にブレンド。このピクルスメイカーで、ご自宅でも簡単に、更に本格的なピクルスを作ることが出来るのです。

    ●トラディショナルオールドファッション(スィート&スパイス)
       マスタードシードのピリピリがクセになるアメリカの伝統的テイスト

    ●ニューヨークデリスタイル(スパイス&ガーリック)
       ニューヨークのデリの定番、ローストしたガーリック風味

    ●スィート&タルト(スィート&サワー)
       酸味と甘みのバランスが絶妙な理想のピクルス

どのフレーバーに、どんなお酢とお野菜を合わせるかはあなた次第。お好みですが、砂糖を入れるケースも多々あります。また、昨今、注目のジャーに詰めて作り置きもお勧めです。さまざまなバリエーションが広がりますが、まずは、ベースの作り方、分量をご紹介します。

—作り方—

①鍋にお好みの酢(ワインビネガー、米酢、林檎酢等)、水を各500㏄、及びピクルスメイカー1袋と、お好みで砂糖を混ぜ合わせて、ひと煮立ちさせます。

②お好みの野菜を、お好みの大きさにカットし、ジャーに詰めていきます。①の熱いうちに、ジャーに注ぎます。

③2ℓのジャーで、野菜約1㎏分のピクルスが出来上がります。
 また、小分けする場合は、500㏄のジャー4個分に約250gずつの野菜
 が、美味しくできる分量の目安です。
 24時間で、美味しい、しかも本格的なピクルスが出来上がります!

 冷蔵庫で約2週間ほど保管出来ます。是非、お試し下さい。

次は東京世田谷で料理教室を開催されています、Cooking  Slaon  Rie
宮崎里恵先生のおすすめレシピをご紹介しますので、是非お試しください!

————————おすすめレシピ——————————
                       ~  Cooking Salon Rie 監修 ~

■トラディショナルオールドファッション & シードルビネガー(林檎酢)
   ~りんごの柔らかな酸味と甘さがパプリカとマッチします~

  材料:シードルビネガー500cc、、水500cc、本品1袋、グラニュー糖200g、3色パプリカ、サラダオニオン、セロリ
    *平均的な砂糖の分量ですので、お好みに合わせて増減してください。
HP-4

■ニューヨークデリスタイル & 白ワインビネガー
   ~砂糖を加えず、ハードな仕上がりに~

  材料:白ワインビネガー500cc、水500cc、本品1袋、カリフラワー、ミニきゅうり、ベビーキャロット、ラディッシュ
    *食感も固めのものを小さく切ってカリカリしたものがお勧めです。
HP-6

■スィート&タルト & 赤ワインビネガー
   ~赤色を生かせる野菜を使い、甘酢漬けのイメージで甘味に~

  材料:赤ワインビネガー500cc、水500cc、、本品1袋、グラニュー糖300g、ミニトマト、新生姜、茗荷
    *ミニトマトはへたを取り竹串で穴を開けます。新生姜は薄切り、茗荷は縦半分に切り、新生姜と茗荷はさっと湯通ししておきましょう。
HP-5